ペルー

テレビでペルーの事をやっていて、いいな、ペルー、行きたいなって思いました。
誰もが思うよねー。

ペルーといえばマチュピチュですが、あそこまで行くのって結構大変だって聞いたことあります。
それでも皆行きたがるんだから、魅力があるんでしょう。

そして、ペルーの食事とは、、、ですが、
ペルーの主な食事が思い浮かばず、調べました。

ぺルー料理には、いくつもの文化が混ざり合っているそうです。
先住民族であるインディオの料理に、インカ帝国を征服し移住してきたスペイン人、
19世紀にペルーにやってきた中国人、アフリカ人やイタリア人など多くの民族から影響を受けているらしい。

日本人からの影響も受けており、醤油を使った料理も多くあります。
また、一年中温かい気候のペルーは豊かな自然のなかで育った魚介類、
新鮮な野菜や果物が多くとれるので、
この素材をしっかりと生かしていることがペルー料理が絶賛される大きな理由なんだそうです。

美味しそうではありますね。
海の幸が盛んだってのはポイント高い。

シーフードとか、そういう海の物って大好き!
ますます行きたくなりました。

地元にペルー料理やさんがあったらいいのにー。

トイレのお話し

ちょっと汚い(?)話ですみません。
うちに知り合いがやってきて、トイレを貸してっていうのです。
もちろんいいですよ。

それが、、、なんていうか、すごい音でした。
いきんでる?
ありゃーー、大きいのを出してるんだねー、ここまでそれが分かる人も面白い笑

なんだか外から応援したくなっちゃった、あはは。
でも本当にそれは戦いのようでした。
大変な思いしてまで出そうとしてて、血管切れそう?
大丈夫かな?
そのうち、声も出てて笑った。

ブツが出たらほっとしたみたい。
そしてトイレット・ペーパーdふく音や、水を流す音まで。
普段ここまで音はしないけどなー。

でもいいのです、楽しいから(!!)。

トイレのお話しでした。

この方はとても愉快な人で、きっと我々が音を聞いてるのも承知してるんだと思う。
そういう人なのです。
てを洗ったのを確かめてからお菓子を出して、お茶して帰っていきました。
おもしろーーい!

HP作成

ホームページ作成するにあたって、大事なのは見栄えか、それとも情報か。
情報量でしょうね、それが見にくかったらよくないですけど。

100万円とか200万円支払って綺麗でかっこいいホームページを
作成すればよいと思っている人は多い。

でもホームページを利用して売上を上げたい、集客したいと考えている人は
綺麗でかっこいいホームページを作ってもお金の無駄になるだけです。

ホームページを作る目的は
「売上をあげること」
ですね。

多くの経営者が画像やFLASHを多用して見栄えが良く、
かっこいいホームページを作り満足してしまいます。

ホームページを見に来る人は画像ではなく、役立つ情報を求めて
アクセスしてくるのです。
なので、情報をたくさん!
私も最初はこれで失敗しましたから。

知り合いがビジネスをはじめて、ホームページを作ろうとしていますが、
いろいろと相談してきます。
でも、まずは形が出来ていないとね、相談にもうまく乗れないです。
頑張ってほしい。

メイクの勉強?

あまりメイクはしませんが、毛穴が気になったので、毛穴を隠すメイクないかなって調べてみました。

頬の毛穴の開きが気になる方に!
毛穴を目立ちにくくするメイクをご紹介!
っていう、すごい宣伝(??)のですが、


毛穴にはさまざまな種類があります。
そのなかでも目立つ頬の2種類の毛穴をご紹介しますね。
開き毛穴って??

「開き毛穴」とは、毛穴が大きく丸く開いてぽつぽつと目立って見えてしまっている状態のことを指すとされています。

開き毛穴の原因は、皮脂が過剰に出てしまうことだと言われています。
もともとオイリーな肌質の方や脂っこいものばかり食べている方は、
皮脂が出やすい傾向にあるみたい、ま、そうですよね。

また、肌は乾燥することでも毛穴が開くこともあるようです。
なぜなら、肌が乾燥するとこれ以上肌の水分を外部に蒸発させないために、
肌を守ろうとして、過剰に皮脂が出て、毛穴に詰まったりすることがあるためですって。

で、メイク!
毛穴の凹凸が気になる部分には、シリコン系の成分が(ジメチコン・ポリマー等)配合されている
部分用下地やコンシーラーを使用、
毛穴の凹凸をファンデーションだけで隠そうとすると厚塗りになってしまうから、
逆に凹凸が目立ってしまうことがあるんですって。

メイクといっても、ファンデーションの宣伝みたいになっちゃったー。。。泣

いちご鼻

いちごのような黒いぶつぶつがある鼻、、、嫌ですよねーー。
どうやってもなってしまうけど、綺麗な人もいる。
なにしてるんだろ?

いえいえ、体質なんです。
もともとそういう体質なので、なりやすい人はよほどの努力をしないと黒くつまってしまう。

取り除いた後の保湿ケアが今後の肌の命運を分ける事になります。
痛んだ肌をケアを怠ると免疫が「もっと強い肌を作らないと!」と思い込み、
痛んだ箇所にメラニンが集まり黒ずみ(シミ、そばかす)原因になりかねないのです。
また保湿をしっかりしないと毛穴がたるんだままになり、毛穴に余計に汚れが溜まりやすくなります。

そこで大事なのが、『肌の回復を促すこと』、そして『保湿をしっかりすこと』の2点。
先にも書いたように肌にはターンオーバーという機能があって、
これをしっかり機能を働かせることが大事。

現代は食生活や環境、ストレス、そして粗雑なコスメが氾濫している等が原因で、
この周期が乱れている女子が多いのです。

鼻パックも有効ですが、やりすぎはダメなのと、なによりあれをやった後のケアが大事だということですね。
乾燥もよくないので、保湿しましょ。

瞑想について

瞑想会というのは世界で行われているみたいですけど、
そこに相談会がつくと嬉しいものですね。
なんでもいいから相談できる、というもの。

さてその前の瞑想ですが、
ヴィパッサナ瞑想系では、何かを「する」「上書きをする」というアプローチはしませんね。
力まずに「観察する」「気付く」ということをし続けていきます。

中でも、手動瞑想では、肉体の動き(手の動き)を、
「ゆるく」気付いていきますので、誰にでもできますし、
様々な徳も体感しやすいのではないかと思います。

その「ゆるさ」の延長からなのかもしれませんが、
慈悲に連なるさまざまな徳が表れやすいようにも思います。
自ずと自分の内側から、あたたかい徳が生じてきて、
メンタリティに変化が起きやすい気がします。

なんだか怪しい話になってきましたか(笑)?
決して怪しくはないのです、でおうしてもそう感じてしまうかもですが。
瞑想、本当にいいのです。肌も綺麗になりますよ。ほんとです。

本がたくさん出てるので読むのもお勧めです。
瞑想のための本ですが、気持ちが軽くなりますよー。

そして相談会で心のなかみをぶちまけたら、もーーー天国でしょうね。

あ。。。足が短い

私は足が短いと思う。
しかも、膝から下が短いような気がしてます。
お尻も大きい。
まわりはそんなことないって言いますが、本人はそう思うのだ。

筋肉がついてるとも言われます。
筋肉量を測定してもらってのことならば納得ですが、
ただ硬いからという理由でダイエットに終止符を打つのはやめましょう。
って自分に言ってます。

硬いのは脂肪やセルライトが固まっているせいかもしれない。
お尻もマッサージは必要です!
柔らかいお肉はすぐに落ちるので何はともあれマッサージを始めてくださいね。

さて足の短さですが、
同じ身長でも痩せている人と太っている人の脚の長さって違うと思いませんか?

痩せろって?
いや、そうでもない、なんかこうもっと違う感じがするのです。
私のように膝から下が短いのもその要因かなって。

お尻ももっと上がるように頑張ろうと思う。
少しでも足が長く見えるように。
そうなんです、もう長くすることはできないから、見えるように頑張る!

膝のトラブル

階段を下りたりするときに痛みが走る人がいますけど、
なんだかこの症状があらわれてきました。
嫌なものですな。

股関節の病気なのかもなんですって。股関節唇ってのがあるんです。

股関節唇とは、骨盤側の臼蓋を縁取りするような取り巻く繊維軟骨のことです。
骨頭を安定化させ、衝撃吸収の役割を担っています。
股関節唇には神経が通い、損傷を受けると痛みが生じることがあります。 
現在日本でも、股関節唇損傷が変形性股関節症に起因する、との仮説のもと、
早期治療が呼びかけられています。

あーなんだか頭痛くなってきた。

医者に行くしかないですね。
整形外科かな。

立ち上がった時にしばらく歩けないくらいに身体がこわばってる時はいろいろな関節の病気を疑うべきですね。
そして医者に行くのだ。

レントゲンではなにも現れないでしょうけど、辛抱強く医者に訴えるしかないね(笑)。
これでなんとかなるかな。

パリで活躍

フランスのパリで活躍された女優さんといえば、私は岸恵子さんを思い出します。
フランス人と結婚されてパリに住んでいましたが、離婚しました。
でもまだパリが拠点のようです。

海外暮らしで寂しい思いはしませんでしたか?の質問に、

私は離婚してからの方がフランスに長く住んでいたので
、大変なことはいっぱいありました。
国連の親善大使やジャーナリストとして東欧、アラブ諸国、アフリカへも行きましたから、
命の危険を感じるような思いをしたこともあります。
ただ、基本的には1人で行動するのが好きなのです。
幼いころからそうですね。1人で居ることには慣れています。

とお答えしています。

私はフランスに長く住んではいませんが(!)あとは似てる感じがします。
一人が好きです。だからかな、なんだか共感したんですよ。
もちろんもっと前から好きでしたが。

本を出版されていますので、今度買って読んでみるつもりです。
フランス人感覚だそうですが、本人いわく「魂は日本人です」とのことですよー。

いちご

いちごが食べたいなーと思ったので買ってきました。
思うがままです。
食べたい時に食べるのって最高ですね、すごくおいしかった!
ばくばく食べたけど、明日の分もとっておかないとね。

いちごを2~3個食べるとその日のビタミンCはとれたことになるらしいですよ。

イチゴはバラ科の多年草の一種で、正式にはオランダイチゴ属に含まれます。
ところで、このイチゴ、赤い愛らしい姿をしていますが、
この食べている部分、実は果実ではないと言う事をご存知ですか?
この部分は花托の発達した花の一部で、
本当の果実はその周りにある胡麻の様な粒粒一つ一つがそうなんです。

イチゴは野菜なんですよー。

明日でなくなりそうなイチゴですがね、安いのがあったらまた買いにいくぞー。

そうそう、イチゴって高いのが玉に瑕ですね。
もっと安く売ってくださーい。買いますからーー。